すてんれす。時々アルミと鋼鉄製
電車とか日常のこととかいろいろです。多分。

プロフィール

のふみ

Author:のふみ
主に京葉区の205系について取り扱っています。写真撮影の腕は救いようのないほどに持ち合わせていないので、トリミングを多用しています。ご了承ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ケヨM6編成の京葉線試運転(2015.3.11)

 3月11日、ケヨM6編成の輪軸交換後の性能確認試運転が、新習志野~千葉みなと間で実施されました。

M6-1_20150311 - コピー
試8355デ ケヨM6編成@新習志野 2015.3.11撮影

 M52編成の後を追うように出区。

M6-2_20150311 - コピー
@同上

 交換されたのは、モハ204-5011(3号車)の後位側台車の両車輪軸。

M6-3_20150311 - コピー
試8355デ ケヨM6編成@検見川浜 2015.3.11撮影

 検見川浜駅をゆっくりと通過する試運転電車。写真の区間では、制動試験が実施された。

M6-4_20150311 - コピー
試8354デ ケヨM6編成@新習志野 2015.3.11撮影

 気温こそ冬並みに低かったが、光線は春らしく強めで、車体全体にめいっぱいそれを受ける205系。
スポンサーサイト

ケヨM22編成が全般検査を終え出場(2015.3.11)

 3月11日、205系ケヨM22編成が全般検査を終え、大宮総合車両センターを出場しました。

M22_20150311 - コピー
回8377M ケヨM22編成@新習志野 2015.3.11撮影

 10分弱遅れて終着駅に到着。

 同編成は2月18日に入場、3月9日及び10日に構内試運転を実施しておりました。

M22_20150218 - コピー
回8376M ケヨM22編成@新八柱 2015.2.18撮影
 入場回送。

koushi-1_20150309 - コピー
構内試運転 ケヨM22編成(4~7号車)@鉄道博物館 2015.3.9撮影

koushi-4_20150309 - コピー
@同上

koushi-5_20150309 - コピー
@同上

 最後の4往復目では「03S」を表示。

中原電車区から転属した武蔵野線205系の話題

 ご訪問くださる皆様、ご無沙汰しておりました。先日の元ナハ6+5編成の話題から続く形となりますが、武蔵野線のニューフェイスに関する比較的新しい話題がありますので、お届けしたいと思います。

●ケヨM51編成のはなし
M51-1_20150220 - コピー
試9376M ケヨM51編成@吉川 2015.2.20撮影

 2月3日に、ナハ6とナハ5を組み合わせた武蔵野線向け205系が出場したことをお伝えしましたが、この編成は新たにケヨM51編成を名乗ることとなりました。そのケヨM51編成、所属先の京葉車両センター内において車内広告が施され、2月20日に試運転を実施しました。試運転区間は、新習志野~東所沢間です。

M51_20150225 - コピー
1617E ケヨM51編成@舞浜 2015.2.25撮影

 その後、2月25日の17E運用から営業運転を開始。モーターは外扇と内扇の両方の型を持ち、パンタグラフは南武線時代と変わらないPS33Eを3基構え、武蔵野線の205系に新たなバリエーションを加えることとなりました。 

M51-2_20150220 - コピー
@新習志野

 南武線の205系といえば、横浜支社所属車両特有のドア引き込み注意ステッカーが貼られております。対する京葉区所属の205系には近年、うさぎのキャラクターが描かれた同様のステッカーを貼られる傾向にあり、M51編成も同様に貼りかえられるのかと思われました。しかし、実際に貼りかえられたのは7号車と8号車のわずか2両で、他の6両は横浜支社版ステッカーがそのまま残る結果となりました。
 このケヨM51編成は現在、大宮直通運用こそ避けているきらいがありますが、他の編成に混じって運用に就いています。

●ケヨM52編成のはなし
M52-1 - コピー
回9377M 元ナハ9+ナハ6編成@市川大野 2015.3.6撮影

020 - コピー
@同上

018 - コピー
@同上

 M51のOM出場からおよそ1ヶ月が経ちましたが、今度はナハ9編成にナハ6編成のMM'273ユニットを組み込んだ新ケヨM52編成が姿を現しました。改造のスタイルは前回のケヨM51編成と同様で、編成は以下の通りとなっています。

[←東京・海浜幕張]クハ205-130+モハ205-355+モハ204-355+モハ205-356+モハ204-356+モハ205-273+モハ204-273+クハ204-130[府中本町・大宮→]

 出場回送途中の市川大野では、時間調整のため少々停車します。そこでは向きの異なる先頭車同士の並びや、弱冷房車ステッカーが貼られる前の4号車も見ることができました。

M52-2 - コピー
回9376M 元ナハ9+6編成@葛西臨海公園

M52-3 - コピー
回9777M 元ナハ9+6編成@二俣新町

 西船橋から先は、前回同様東京折り返しで向きを修正します。葛西臨海公園の通過線走行や二俣新町駅を武蔵野線車両が通過する姿は、通常では見ることができないためとても新鮮です。

 無事に京葉車両センターに到着した元ナハ9+6編成は、例のごとくケヨM52編成を名乗ることになりました。同所で受け取り検査を終えたケヨM52編成はこれまた前回同様、新習志野~東所沢間で試運転を行いました。昨日3月11日の出来事です。

M52-1_20150311 - コピー
試9376M ケヨM52編成@新習志野

M52-2_20150311 - コピー
試9376M ケヨM52編成@新習志野

 時刻もM51と全く同じです。唯一違う点といえば、車内広告が不完全だったり、ドア広告が貼られていなかったすることでしょうか。
 以上の理由から、運用開始までにはもう少し時間がかかりそうです。しかし、武蔵野線の増発を伴うダイヤ改正まで、残り2日となりました。ケヨM52編成が、春の息吹のごとく武蔵野線を駆け抜ける日もそう遠くなさそうです。

武蔵野線不定期回送の謎(2015.2.3)

M63_20150203 - コピー
回8330M@市川大野(面撮り失礼)

 本日正午過ぎ、ケヨM13編成が東所沢から新習志野へと回送(回9337M?)された。実は今朝、しもうさ号に入る予定だった205系が車両故障を起こし運休する事案が発生しており、この臨時回送もその対策として走らされたものだと思われた。しかし同日午後、今度はM63編成が予定臨スジの回8330Mによって新習志野から東所沢まで回送されたのである。これでは両電車区(センター)の車両数はともに±0であるから、車両数の調整という一言では片付けにくい。
 これはあくまで推測であるが、M13編成の交番検査ないし月検査が差し迫っており、突如京葉区で寝ていたM63編成と入れ替えたのではなかろうか。真相は杳として知れない。

南武線改造の武蔵野線向け205系が出場、京葉車両センターへ(2015.2.3)

 2月3日、ナハ6編成とナハ5編成から組成された武蔵野線向けの205系8両が、大宮総合車両センターを出場しました。編成の仕方は以下の通り。
[←東京・海浜幕張]クハ205-101+モハ205-270+モハ204-270+モハ205-271+モハ204-271+モハ205-272+モハ204-272+クハ204-101[府中本町→]

M67-1_20150203 - コピー
回8375M@土呂

 通常の京葉車大宮出場スジと同様の時間に大宮を発車し、まずは東大宮操へ。

M67-2_20150203 - コピー
回9377M@市川大野

 折り返しも同様に大宮出場ダイヤで走るが、今回は方向転換が必要なため、一度東京へ赴いて折り返す。この時間調整を怠ると、京葉線との合流および東京駅入線に支障が生ずる。

M67-3_20150203 - コピー
回9376M@葛西臨海公園

 臨海公園の通過線に、久方ぶりとなる武蔵野線205系が現れた! とはいえ本来の向きとは逆であるし、そもそも元は京葉線に縁もゆかりもない編成、すべてがすべて初めての光景だ。

M67-4_20150203 - コピー
回9777M@葛西臨海公園

 各駅停車のすぐ後ろについて走る、元ナハ5・6混合編成。この後、二俣新町駅を経て無事に京葉車両センターのある新習志野に到着した。

006 - コピー
@大宮

 今回の武蔵野編成増備は、来る本年3月14日のダイヤ改正時に実施される武蔵野線増発に備えたものである。この編成の登場により、武蔵野線205系にまた新たな形態が誕生したこととなり、その特徴は大まかに申して以下の通りだ。

007 - コピー
@大宮

・原型顔の6M2T(含MT61外扇型)
・オール中原生え抜き車のため、クハは非ATC仕様(無線アンテナがセンター位置、薄い乗務員室仕切り等...)
・京葉区の205系では初となるシングルアームパンタグラフ搭載編成(パンタ形式はPS33E)
・行先表示機は幕式を維持

 現在、同車には中原所属時代の痕跡を色濃く残しており、広告も入れられていない。営業運転には、まだ少しの時間を要しそうか。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。