すてんれす。時々アルミと鋼鉄製
電車とか日常のこととかいろいろです。多分。

プロフィール

のふみ

Author:のふみ
主に京葉区の205系について取り扱っています。写真撮影の腕は救いようのないほどに持ち合わせていないので、トリミングを多用しています。ご了承ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


卯月もなかば

 こんばんは。ご無沙汰しています。

 最近は武蔵野線の検査回送関連くらいでしか更新しておらず、というか更新する気が起きず、今晩ようやく重い腰を上げた次第です。多分定期的に見に来てくださっている方は数えるほどでしょうしね……。
 先週から大学の授業も再開し、春休暇中から変わらず入れているアルバイトも相まって、まあそこそこ忙しい日々を送っております。そんなつまらない毎日の中でも積もる話の一つや二つ、ないことはないものの、しかしこれといって面白い話があるかといえば自信を持って言い切れることもとりたててありません。

 というわけで、いつも通りに野暮ったくて退屈なお話をずらずらと――。
●Nゲージな話

007 - コピー

 以前我が家のケヨ22編成に改良工事という名のグレードアップ改造を施しましたが、終わってしまってからというものどうも手持無沙汰たっだので、ケヨM3編成にも同様の改造を施しました。
 同時に全般検査も実施するつもりだったので、それっぽい雰囲気を出すために入場回送も実施。くだらないですが、模型だからといって妥協したくはなく、入場・出場のいわゆるメリハリをしっかり付けたかったのでやった所存です。写真は、模型だというのに面潰れ()

013 - コピー

003 - コピー

 で、改良工事が終わって17日にセルフ工場()を出場しました。全車両の集電板を、すり減って無くなってしまうのではないかというくらいに死に物狂いで磨いたこともあって、その成果どの程度表れるか気になり試運転。結果は短編成・長編成ともの良好! 特にロースピードで滑らかだとテンションが上がりますね! 油を差したこともあり騒音も軽減されました。

004 - コピー
 復帰記念に209と肩を並べて撮影。うむ、実車なら乱入しないと撮れないアングルですね←
 ちなみにさりげなく運番を「22E」に変更しています。上りの偶数表示にすることで、比較的最近であることをアピールしています、はい。

 次回の改造対象はケヨ1かハエ8になりそうです。ケヨ1は床下機器未加工な上に銀車輪ですのでそれを取り替えることも含め、もろもろの手間がかかってしまいそうで、寒くもないのに身震いがします。

●ケヨ22の編成札な話
004 - コピー
おもてー

006 - コピー
うらー

 色々あって、実物の一枚が我が家にやってきました。もちろん悪いことをしたわけなく、きちんとしたところで落としたわけですが、かかった金額については非公開ということで。
 この編成札の入手に関しては、兎にも角にも友人による助力の存在が大きくて、感謝しようにもしきれないです。色んなところで何度も言っていますが、それはもうしつこくてうんざりされるかもしれませんが、本当にありがとうございましたm(_ _)m

 これに関してはそう遠くないうちに専用の記事にて書く予定です! ……多分この話題が、これまでにおいてもこれから先においても一番大きなものとなりそう。

●05-114Fのお話
039 - コピー

 線内限定39Sから遅れること数か月……ついに直通運用に復帰しました! 最初の運用は4月15日の33Sでした。昨日も終日運用に入っていたので、西船橋と浦安でお手軽に撮影しました。

 感想は、目をつむるとまんま16000っすね!! ってな感じです。

002 - コピー

 おまけとして、4月7日にJR~メトロ間で実施された貸出にともなく返却回送をば。返却といっても交番検査が目的だったので、当日中に再び中野へ送り込まれていたりします。
 7日は風が強くて、理想の絵(傾いておらず、かつ15000が見切れていない絵)が出来あがりませんでした。南無。

 近いうちに走行やりたいです。といってもチョッパ車の方が好きなのでそっちに浮気してしまうでしょうが。

●武蔵野線の検査な話
019 - コピー

 「205系情報」のカテゴリーにも投稿したので再掲となってしまいますが、昨日16日にM7編成が出場しました(入場に関しては3月27日の記事を参照)。

 せっかくの機会ですので、ここ最近(約一年分)の検査順序をまとめてみようかと思います。需要ないでしょうけれど。

~205系大宮出場日の記録~
※<要>は重要部検査
■2012.4/16(月):千ケヨM22編成→■2012.5/10(木):千ケヨM23編成→■2012.6/6(水):千ケヨM25編成→■2012.7/11(水):千ケヨM15編成→■2012.8/17(金):千ケヨM13編成→■2012.9/11(火):千ケヨM17編成→■2012.10/24(水):千ケヨM4編成→■2012.11.28(水):千ケヨM29編成→■2012.12/20(木):千ケヨM6編成→■2013.1.25(金):千ケヨM3編成→■2013.2.21(木):千ケヨM26編成→■2013.3.19(火):千ケヨM36編成<要>→■2013.4/16(火):千ケヨM7編成

 こんな感じです。目を向けると分かる通り、編成番号や車両番号と入場の順番にはこれと言った相関関係はない模様。種車の車号が近いと入場時期もそっくり、なんてことがあるやも分かりませんが、断言はできないです。

 これは余談ですが、本日(日付的には昨日)の17日にM20編成が入場しました。ちなみに全般検査が施されるようです。

●2Dな話
 一応、毎度恒例な話題であるような気がするので、欠かすわけにはいかないという謎の義務感に駆られながら書きたいと思います。いつもながら上から目線気味な偉そうな感想をずらずらと。
 
冬作品が終わりました。
 ささみさんとか面白かったです。みなみけのただいま的なのも安定していてよかったです。たまこまーけっと、最初の方は面白かったんですけどね……なんか惰性でやってるような内容で失速した感じ。あくまでも個人的に受けた印象ですが。
 ビビッドレッド……せっかくいい感じの設定で揃えているのにシナリオがおざなりすぎでした!! 残念っ!(古い)

 これは秋作品に入りますが、ガルパンことガールズ&パンツァーの11話と最終回が、10話放送から遅れること3ヵ月ほどの時を経て無事に放送されました。率直な感想としては、「なんだこのとんでもない作品は!!」という感じで、ストーリーもキャラクターも出てくる戦車もぜんぶひっくるめて魅力的ですんばらしい出来でした。正直言って、ジャンプ作品以上に「友情・努力・勝利」を感じ得ることができ、観た後の余韻がまたすごい。続編はやってほしいですが、かなり綺麗な大団円を迎えただけに、蛇足にもなりかねないのであまり公言はしない方向で。

 10点満点なら15点をあげたくなるような、そんな作品でした。

 冬は忙しかったこともあってあんまり観れてないんですよね。秋から続くリトバスとかPSYCHO-PASSとかも録画こそしましたが未だに溜めてます。いい加減対策を打たねば。

 春作品はちょくちょく片付けています。
 「進撃の巨人」がすごいということで観てみましたが、一話から残酷で重い内容……しかし、最高の作画と構成で思わず見入ってしまい、何より早く先が観たくなるようなそんな作品でした。

 はたらく魔王さまもいいです。非現実な立場の登場人物たちと現代の日本がほどよくマッチして、そこにセンスの高いギャグが折り重なって観ていて楽しい作品に仕上がっていますね。舞台が笹塚ってのもまた面白い。

 変猫――原作が好きなので期待に胸を膨らませながら視聴。原作に超忠実で、制作会社が懸念材料でしたが杞憂に終わってくれ、安心して観られました。

 とまあこんな感じです。うーにゃー的なやつとか千葉が舞台な2作品とかもありますが、まだ見られてないのが現状。うまく暇を見つけては片付けなければ……。。

 長くなりましたが、これにて。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://hirianako.blog.fc2.com/tb.php/135-2c407f9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。