すてんれす。時々アルミと鋼鉄製
電車とか日常のこととかいろいろです。多分。

プロフィール

のふみ

Author:のふみ
主に京葉区の205系について取り扱っています。写真撮影の腕は救いようのないほどに持ち合わせていないので、トリミングを多用しています。ご了承ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


武蔵野線あれこれ

 こんばんは。久々の更新となります。

 ここ最近、武蔵野線に関する話題がいくつか出てきているので、この機会に取り上げたいと思います。

 ●M12編成コープラッピング
 4月22日から5月18日にかけて、M12編成(元ヤテ43編成)にコープみらいネットのラッピング広告が施され、注目を集めました。

 幾度となく狙ったのですが、ダイヤ乱れで運用が回らないことが多く、撮影出来たのはたったの4枚でしたorz 一枚目の南船橋曇天ピン甘カットは公開したので、それ以外の3枚をアップ。

002 - コピー

 5月5日、こどもの日の31E運用。太陽が高くて思ったほど広告が目立ちませんでした。

001 - コピー

 5月16日の53E運用。ちょうどよくやってくるからと構えただけなので、色々と残念な点が多い写真。。

001 - コピー

 最後は広告最終日、5月18日の51E運用。美南の陸橋で絶対に押さえておきたかったので、運用を調べて狙ったところピン甘orz しかし広告は目立ったしケツ=架線柱もかろうじて回避できたので、この組み合わせを記録できただけでも良かったかな、と^ ^;

 そして2日後の20日、広告が剥がされたすっぴんM12は、79E運用より復帰したのでした。めでたしめでたし。

●40th関連
 武蔵野線最初期区間開業から40thにあたる今年、武蔵野線の各駅ではささやかながら、これまでの歴史を振り返る記念の催しを実施していました。

028 - コピー
 吉川美南駅の写真展示。ピカピカで、なおかつ6両までしか収まらない短い吉川駅ホームの様子が、とても新鮮でした。

011 - コピー
 続いて南流山駅の写真展示。トイレの横だったので撮影しづらかったですが、人の流れを窺いつつ撮影。こちらでは、比較的最近の写真(103系活躍の末期)も多く取り扱われていたため、若造の私でもそれなりの親近感を持って鑑賞できました。

015 - コピー
 南流山では、開業記念HMの原寸大レプリカと思われるものも併せて展示。101系1000番代がこれを掲げている姿を想像すると、なかなかそそられてしまいますw

 以上です。
 このほか、南浦和駅などで展示されていましたが、人通りが多く狙えませんでした。また、東所沢電車区の洗車体験列車にはM35編成が起用されたらしく、東所沢駅からの発車も見られたようで、ちょうど忙しい時期だったために行けなかった当方としては、悔しくて仕方ありません。

 4月1日が丸40周年の門出だったから、今後の記念催しの展開は期待できないかもしれないですね。

●武蔵野メルヘンの話題
028 - コピー
5月15日の試運転

 先日試運転の話題をお届けしたM62編成、なんと驚いたことに、MM'395のユニット(2・3号車が該当)が内扇モーターから外扇モーターへと取り替えらたことを確認しました! 試運転時、モハ205-395に作業員が多数乗車していたころから、試運転実施の理由はどうやらこれであることが推測でき、MGR交換は直接的に関係なかったみたいです。そのため先日の記事の内容は訂正させていただきましたm(_ _)m

 しかしなぜこのタイミングでモーターを取り替えたのか……謎は深まるばかりです。

 そして、今月発売の鉄道ファンによると、武蔵野線向け界磁添加励磁制御の編成一本が、なんとまあ保留車扱いになっているというではありませんか。念のため、編成に関しては伏せておきますが、当該雑誌の付録で簡単に確認することができますので、気になる方は書店へ。

 しかし営業車一本、それも通常の営業運用に就いている編成が保留扱いとは、一体何を意味しているのか……。やはり不足する東北ローカルの編成に充てられてしまうのでしょうか……気になるところです!!

●謎の補修
001 - コピー

002 - コピー

 M3とM26のサンバイザー(日よけ)取り付け部周辺に、謎の白い補修痕のようなものが確認できました。なお、これは5月上旬の話ですので、今現在はどのようになっているのか定かではないですが、ラッピングの撤去されたM12にもこれが波及しているとのことです。この白い物体、まれに見かけることはありましたが、こうも同時多発的に見られることは滅多にないため、なんだか心配になってしまいます。

 以上、雑ではありましたが、武蔵野線に関する話題をいくつかお届けしました。

PS.ケヨM10編成が5月9日に、大宮総合車両センターに入場しました。全般検査を受けるものと思われます。25日のイベントには、僅差で展示されなさそうです……orz

PS2.件の保留編成、どうやら2012年の時点でも、既に保留扱いだったようです。ということは、別段に今後の去就に関してあれこれ考える必要はなさそうですね。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://hirianako.blog.fc2.com/tb.php/141-ed1cfe13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。