すてんれす。時々アルミと鋼鉄製
電車とか日常のこととかいろいろです。多分。

プロフィール

のふみ

Author:のふみ
主に京葉区の205系について取り扱っています。写真撮影の腕は救いようのないほどに持ち合わせていないので、トリミングを多用しています。ご了承ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


M64にも外扇ユニット誕生?(+α)

 こんばんは。
 2ヶ月ほど前に、M62編成のMM'395ユニットが内扇型から外扇型(厳密には外内混成?)された旨をお伝えしましたが、唯一のオール内扇編成として活躍していたM64編成にも、この度外扇ユニットが誕生したとのことです。

 7月16日の火曜日には51E運用に就いていたらしいM64編成ですが、それから2日間は運用に入ることなく、3日が経過した19日に突如試運転列車として、本線上に姿を現しました。

shi8354-m64 - コピー
新習志野駅に入線する性能確認試運転列車(2013.7.19)
※回送列車さま撮影。画像提供誠にありがとうございます!!

 お馴染みの試8355デ~試8354デのスジに乗せて、新習志野と千葉みなとを往復しました。この試運転は無事にクリアし、翌日の20日には、しもうさ号運用03Eで営業運用入りし、まるで何事もなかったかのようでした。
 私は当初、試運転の事由はお馴染みの輪軸交換かと思っていたのですが、本日24日に運良く77E運用でこの編成を捕獲し、短区間ながら下回りの確認及び乗車をすることができました。

 見た目に変化はなく、あとは目に見えないモーター機器類の取り換え(MM交換)になるわけですが、最初に乗った401番ユニットが、すでに私の知っていたそれではなかったのです。

 外扇化。

 それもM62と同様、海浜幕張方のユニットだというのだから驚きです。この編成はかつて、武蔵野線では唯一外扇型MT61を持った(MM'402ユニット)編成でしたが、2009年12月の重要部検査でモーターの組み替えが行われ、同編成から外扇車が消滅したのももう3年近く前の話となります。他の界磁添加車も重要部検査を受けたことにより外扇・内扇にバラツキが生じ、M62とM64がオール内扇、M63がオール外扇、M65が404番ユニットのみ外扇という、新たな形態が確立されました。
 しかし、今年に入ってからは、その形態にもメスが入れられ、5月のM62外扇化と今回のM64外扇化という事態が起こりました。オール内扇はオール内扇なりに味があったため、正直なところ、今回の外扇化はうれしいようであり、また残念なようでもあり、複雑な心持ちです。

 だらだらと書き連ねましたが、結果だけ言ってしまうと、M64の401番が外扇になりました。素人の耳には、内扇も混在しているのか否かは分からないため、そこらへんは玄人の方々の意見にゆだねます。

 以上、報告までに。

 あ、+αを忘れていました。
017 - コピー
@大宮

 本日、全般検査を終えたM32編成のうち、4~7号車を除いた4両がOM構内で試運転を実施しました。勉強しながら待機していたら、音もなく突然入線してきたために、前打ちは撃沈w やっぱり中途半端なのはいけませんね!
 しかし列車見張り員を一人も置かないことなんてあるのですね……構内入換の時には、必ず一人は置くものだと思っていたため驚きました。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://hirianako.blog.fc2.com/tb.php/158-dfcfc5e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。