すてんれす。時々アルミと鋼鉄製
電車とか日常のこととかいろいろです。多分。

プロフィール

のふみ

Author:のふみ
主に京葉区の205系について取り扱っています。写真撮影の腕は救いようのないほどに持ち合わせていないので、トリミングを多用しています。ご了承ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【1/150】KATO・E233系7000番台を見る

 みなさまこんばんは。1月のお尻の日に、音もなく華麗に登場です(シュバ とまあ意味不明な前置きはこれくらいにして、先日久々にNゲージを購入しました。ひとつはKATOのE233系埼京線。昨年の夏から投入が始まり、あっという間に205系を置き換えていった新型車両です。もうひとつはKATOの205系横浜線(シンパ)。こちらも、今冬からE233系6000番代によって置き換えられる存在です。ちなみに後者のプロトタイプはH25編成――もう当方めも乗車した鉄道開業記念号を再現する他なさそうです。

014 - コピー

 さて、本日紹介するのはE233系埼京線です。内容は「続きを読む」からどうぞ。



 この度発売されたKATO製品は、1~5・10号車からなる6両基本セットと、その他詰め合わせの4両増結セットで構成されます。両者を合わせることで、10両フル編成になります。プロトタイプは大宮運輸区に長いこと留置された川102編成です。

 字面だけ並べても味気がありませんから、画像で攻めていきましょう。なお、実車に関してはドが付くほどの素人ですので、補足の文章も非常に簡単なものとなります。もしかしたら、間違いがあるかもしれません。

018.jpg
まず前照灯点灯状態。運転室仕切りはこれまで通りシースルー式で、仕切り窓も再現されています。行き先LEDは交換式で、「快速埼京線 りんかい線直通」と「各駅停車川越」が同封されます(微妙なラインナップだぜ)。

019.jpg
続いて、尾灯の点灯状態。TOMIXほどの光漏れが見受けられず好印象です。

 これだけでは魅力が伝わらない? ならば、1両1両見ていきましょう!!

020.jpg
●クハE233-7002[10号車]

 新木場方の奇数先頭車(先頭車)です。床下のATC装置や、従来のE233系よりも一層シンプルとなった屋上など、7000番代の特徴をきちんととらえています。アンテナ類がぶっといのはいつものことですね。
車外スピーカーも、準備工事状態となっているTOMIXとは異なり、ボツボツと開いた穴が再現されていて非常にそれらしくなっています。

021.jpg
●モハE233-7402[9号車]

 主制御機、パンタグラフを持つ奇数電動車。VVVFが目を引きますね。

 022.jpg

 同車のパンタグラフ周辺。E231系からの流用でしょうか、PS33Dとは程遠いパンタグラフを載せているのが残念。実感的なTOMIX製品と取り替えてやりたいですが、同じことを考えている人が多すぎて、市場からは枯渇状態の巻。

023.jpg
●モハE232-7402[8号車]

 補助電源装置、電動空気圧縮機などを載せる偶数電動車。補助電源のSIVが、この車のらしさを引き出しています。

024.jpg
●サハE233-7202[7号車]

 付随車。こちらの非常用梯子は床板にセット。

025.jpg
●サハE233-7002[6号車]

 付随車。こちらが今回、KATOの威信をかけて新規設計された、梯子の吊り下げを再現した車両。浮いて見える梯子は非常に実感的。実のところ、梯子の形態がこのようになっていることは、模型を購入して初めて知りましたw

026.jpg
●モハE233-7002[5号車]

 奇数電動車。この車の特徴は、E233系ではお馴染みとなっている非常用予備パンタグラフ。ですが悲しいことに、写真を見ていただければ分かるかと思いますが、パンタを畳むとシューが傾いて不格好になります。平常時は下げるものだけに、形状だけでなくこういうところにも気を配ってほしかったところです。

027.jpg
●モハE232-7002[4号車]

 偶数電動車。こちらも補助電源装置を搭載。4号車のため弱冷房車として設定されており、幕板部の表記は印刷済み。

028.jpg
●モハE233-7202(M)[3号車]

 奇数電動車。この模型では動力車に設定されています。10両フル編成を組むと配置が釣り合わずバランスが悪くなるため、5号車と入れ替えるのがベストかもしれません。ただ模型を眺めた結果、3号車と5号車では機器の有無が異なっている疑惑があり(実車がどうなのかは分かりませんが)、もしかしたら入れ替えることでエラーが発生する恐れがあります。

029.jpg
●モハE232-7202[2号車]

 偶数電動車。供給過剰となるため、補助電源装置とその関連機器が最初から省略されている車両です。その点もきちんと再現。

030.jpg
●クハE232-7002[1号車]

 最後に、川越方の偶数制御車(先頭車)です。クハE233とは対になる車であるため、床下もきちんと作り分けられています(201系などでは奇数・偶数共通でしたね)。特徴的な白いWiMAXアンテナが目立ちますね。

 031.jpg

 屋上を俯瞰構図で。E233系7000番代では、将来のATACS(無線式信号システム的なもの)導入に備えて、そのアンテナを載せるための台座が設置されており、その点も余すことなく再現されています。ラジオアンテナの廃止も確認できますね。

 いかがでしたでしょうか? 欲しくなりましたよね!(謎) 市場にはまだ残っているようですので、ちょっとでも興味を持っていただけたら幸いです。
 多分横浜線が出たら、当方めも買ってしまうんだろうなぁ。暖色系も寒色系もよく似合う形式だこと(笑)

 北は川越、南は新木場まで踏み入れる車両ですので、遊び方も多彩です。
034.jpg

 無難に205系と並べるもよし。

035.jpg

 疎開に見立てて遊ぶもよし(川106風に京葉車両センターを再現)。

 他にも山手貨物線を走る列車や、りんかい線の70-000形なんかもよく似合いそうです。以上を以て、E233系7000番代の紹介を終わりにします。御覧下さいまして、ありがとうございました。
 次回は205系横浜線(シングルアームパンタグラフ)の紹介をしたいと思います。

■DATA
・E233系 7000番台 埼京線 6両基本セット 定価16,000円(税抜)
・E233系 7000番台 埼京線 4両増結セット 定価7,000円(税抜)
公式サイト:KATO E233系7000番台 埼京線

 あ、日付変わって2月になってる……。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://hirianako.blog.fc2.com/tb.php/196-647d115e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。